配色(色彩)にまつわる本

色が大好きで配色の本を集めています

私は色が大好きで、配色や色彩の本をよく購入しており数えてみたら8冊近くになりました。
絵を描くとき、デザインやチラシを作るとき、お洋服の組み合わせなどを考える時に色彩の本は力になってくれることでしょう!!(多分)
どの本も、読んでいて楽しいし、心が躍るので全部好きに尽きるのですが
どれがおすすめ?どれがよい?については、実際に書店で配色の魅せ方・自分好みのデザインかどうか?を確認して選ぶのが良いかなと思います。
色が大好きなので、出来ればたくさん読みたいけれど、フルカラーの本はお値段も張るので、一度にたくさん購入するのは厳しい。

色の名前・ことばに関する本

新井美樹

配色選びを助けてくれる本

色彩心理の本

近いうちに購入したい。

色彩検定のテキスト

色彩検定は、3級・2級・1級(一次,二次とあります)・UC(ユニバーサルカラー)級とあります。

配色だけではなく、ファッション・建築・色の歴史・光の入り方・色の入り方・目の構造といった理系な内容もあります。

難しめの内容ではありますが、色が好きな方やデザインに興味がある方は勉強して損はないと思います。

公式テキストは、大きな書店(ジュンク堂など)だと、並んでいることがあります。
1級に関しては、二次試験が実技のため、カラーカードも購入する必要があります。